らるご☆らるげっと

小山慶一郎さん(NEWS)、松本潤さん(嵐)、中島健人くんのファンです。ドラマやテレビ番組、映画などの感想を備忘録代わりに書いています。

『重要参考人探偵』が終わってしまった・・・・

連投です・・・

 

これから忙しくなるので、時間があるうちに忘れないよう書き留めたい・・・

 

何を?

 

斎さまを・・・

 

久しぶりに好きなキャラクターに出会いました。

 

「SPEC」の瀬文さん以来です。

 

私は、子供のころから「存在しない人」を好きになる悪いくせがあります。

小学生のころ好き過ぎたマンガの登場人物に影響をうけて、「生クリームが嫌い」「コーヒーはマンデリン」「ピンクと紫が好き」という嗜好が身に付いてしまいました。

 

あ・・・NEWSファンになってから、「どうやらエクレアを記念日に食べなければならない風習があるらしい」と知り、エクレアを食べているうちに「生クリームは嫌いではなかった」ことに気が付いたという・・・

 

そして、火曜日、ピアノのレッスンから帰宅するころ、ちょうどはじまる「サイボーグ009」の島村ジョーにもご執心だったと甦る記憶・・・・

 

 

指輪物語」のレゴラスにも軽く恋をしていたように思う・・・

 

大丈夫です。普通の地味なヒトです。ワタクシ。(言い訳)

 

 

そして斎さまですよ。

 

本を読まないと眠れない習慣を持つ私は、お布団の中で「重要参考人探偵」の原作漫画を読みながら・・・

 

「斎さまは、チェスタトンとかクリスティとか好きなんだ。クリスティや東野圭吾はともかく「ブラウン神父」のチェスタトンまで手を伸ばしているなんてすごいな。私もチェスタトンは揃えているから、斎さまとどこかでバッタリ出会ったら、きっとすごく話が合うと思うんだけれどな」

 

と思ったところで・・・はっとしました。

 

斎さまって、架空のひとじゃないですかっ。

 

半分ねぼけていた時だから思考してしまったわけで、「はっ」と思った時のショックったら。

 

斎さまって実在のヒトじゃない・・・

 

ということは、ドラマが終わったら会えなくなるということじゃないですか。

 

そんなあ・・・

 

そう考えていた人は、私のまわりにも多くて・・・

 

小山さんを好きなのか、斎さまを好きなのか、もはやなんだかわからないというタイムライン・・・

 

では、自分的ドラマ「重要参考人探偵」6話7話8話の見どころであります。

 

6話

斎さまの迷推理シーン。

ドアを開けたら、アフロの人がスクワットをしていたので、焦る斎さま。

f:id:rlargo:20171209171014j:plain

赤いタートルです。

このタートルは小山慶一郎セレクトだそうです。

 

赤いタートルだけが、慶ちゃんファンの架空と現実をつないでいるというファンタジー。

 

このシーンは何度も見返してしまいました。うぷぷぷ。

 

ホワイトボードに向かい延々と「殺人ファッションショー」の構想を練る斎さま。

 

7話

ふるぽん、玉ちゃん、慶ちゃんの温泉シーンは伝説に残ることでしょう。

 

シモンくんのご年配の女性と向き合ってお魚を食べるシーンも伝説に残ることでしょう。

 

うっかりジュースを飲んじゃったシーンも伝説に残ることでしょう。

 

斎さまとシモン君が葉っぱでペしぺしやっていたシーンも伝説に・・・ってこれは慶ちゃんですよね?

このシーンだけが、慶ちゃんファンの架空と現実をつなぐファンタジー。

 

f:id:rlargo:20171209171703j:plain

 

前々回くらいから、玉ちゃんの「犯人は俺じゃない」のバリエーションが増え、3人のキャラクターもすっかり定着し・・・

 

なのに、もう終わってしまうの・・・?という悲しみ。

 

8話

まさかのあの人がサイコパスだったとは・・・

 

という結末。

 

でも、ラストで、また発見してしまったということは、続編もないということではない。

続編お願いいたします。

 

回想シーンでジーンときてしまいました。

「お前が選んだことじゃないか」

「またチラシのモデル一緒にしよう」

 

圭くんに語るシモンくんと斎さまに涙ぐむ私たち。

 

公式ツイッターさんの温かい楽しいツイートにのせられまして、毎度おなじみの「呟きながら観る」というのも今日で最終回・・・

 

私のタイムラインはNEWSファンが多いから、斎さまのシーンでは黙る・・・斎さまが出ていない時に「ツイートしまくる!」という流れも面白く・・・

 

そして・・・

決め台詞

「犯人は俺じゃない」

と一緒に、ツイッターで叫ぶ。

 

「火事場のバカ推理」

この斎さまの決め台詞も私たちの宝物。

 

そして最終回わたしのお友達がなぜか叫んだ・・・

「美しい恋にするよ」

 

・・・・・・・これは違う(笑)

 

 

ちらちらと、「小道具に貴久の文字」「圭くんママの前に『苔玉』」「本棚にカウコンのウチワと、「閃光スクランブル」」・・・

どこのどなたか存じませんが、小ネタが差し込まれ、斎さまが慶ちゃんに戻る時間が近付いていることを自覚させられます。

 

重要参考人探偵」素敵な3か月をありがとうございました。

 

また、お会いできる日を楽しみにしています。

 

慶ちゃん、玉ちゃん、ふるぽん、お疲れ様でした。

 

ありがとうございました。

 

とってもとっても楽しいドラマでした。

 

f:id:rlargo:20171209173155j:plain

 

斎さまのメガネ、赤、黒、グレー、白のタートルネックにまた会えますように。