らるご☆らるげっと

小山慶一郎さん(NEWS)、松本潤さん(嵐)、中島健人くんのファンです。ドラマやテレビ番組、映画などの感想を備忘録代わりに書いています。

「ベストアーチスト(PERFECT HUMAN多め)」に寄せて・・・

一昨日、KINGDOM初披露について、自分なりに思ったことを覚書に書かせていただきました。

そのKINGDOMが披露された番組「ベストアーチスト」について、楽しかったことを備忘録の変わりに・・・

 

その1)NEWSの『PERFECT HUMAN』

f:id:rlargo:20171205201619j:plain

期待以上でしたよね?皆様。

これほど格好良いとは予想していませんでした。

 

悪い意味ではなく、なんとなくNEWSは「面白い」ことも達者だから、どんな風に「お祭り」になるのかなあ~と楽しみにしていました。

 

でも、いきなり増田くんの「大真面目な顔」がアップになったので、「お!?これは?」と。

 

私のツイッターのタイムラインでは、慶ちゃんのラップのところで大騒ぎ。

 

NEWSの楽曲は、「もっと高く」「もっと高く」というのか、「そこに山があるから」みたいに「キーがどんどん高くなる」という傾向があるとのことですが・・・

 

「奏でる音楽or歌う歌」と「聴く音楽or聴く歌」が「別」という方たちも私の周りには多いらしく、「低めのキー(女子とは違うキー)」の曲を愛しているというわけです。

 

「歌うならキーを変えて」という方もいらっしゃるかもしれませんが、調性にはそれぞれの調の持つキャラクターや色があるわけで・・・キーを変えるのはまた別のお話という・・・

 

というわけで、NEWSのバリトンボイスの持ち主、慶ちゃんのラップで大騒ぎ。

私もテレビの前で釘づけ。

 

甦る・・・NEWSKOOLをはじめて聴いた時の嬉しさ。

慶ちゃんの巻き舌の「不良~~~~っ!(褒めてる)」なラップ

(NEWSのメンバー紹介の曲だから予習していったのに、NEVERLANDのライブではやらなかったという・・・いや、いいんです。私のテスト勉強の山がはずれただけ・・でもまた聴かせて下さい。)

 

低めのキーも良いじゃないですか!

女子には歌えない高さの声も私は好きです。

 

もっと慶ちゃん歌って下さい!

 

 

そして、ダンスがまたキレッキレ!!!

 

NEWSは高身長なグループだと思うので、足の長さが活かせるダンスがとってもとっても良く似合う。

 

四銃士」みたいな・・・

 

肩に手を当ててくるんくるんみたいな可愛いダンスも良いのですが、長い手足を活かしてターン!!のみたいなダンスをもっと見たいと思っていたところの「PERFECT  HUMAN」

 

高速ターン、高速ステップ!(大好きな)フィギュアスケートの大会を見ているようなワクワク感!スピード感!

 

ちっともふざけた要素も無く、面白い要素も無いというのに、とにかく格好良いNEWS。

RADIO FISHさんに感謝。

 

その2)SexyZoneの「’17LOVEマシーン

この歌が流行した時、セクゾの皆様におかれましては、お生まれになっていらっしゃったのでしょうか。

マリウス君などはまだお生まれになっていなかったことと存じます。

 

こちらも大真面目に楽しくお歌いになるセクゾの皆様。

余談ですが、Jwebのクリスマスカードもセクゾの皆様は、なんというか生真面目で「ちゃんとしている」という印象。

お若いのにジェントルマンでいらっしゃる。

 

f:id:rlargo:20171205204349j:plain

この顔で「LOVEマシーン」の健人君。

 

銀の匙」のメガネの勇吾くんからずいぶん大人になられて・・・

 

なんども「それは平成JUMPの中島くん」

(「ピアノを弾くジャニーズ ベスト6」(超個人的見解です) - らるご☆らるげっと)

と訂正されながら観てきたので、なんとなく感動しています(謎)

7月6日は「ピアノの日」だということを知りませんでした。

ありがとうございました。

 

そして、生まれる前位前の曲なのに「ぼく、若いからわかんないっす」みたいな若い自慢をしないところもなんだか紳士的だな~と思いました。(ジャニーズ全般、女性の年齢についてふざけないところって、レディーファーストで素敵だといつも思っています)

 

メガネとレディーファーストで思い出してしまった・・・

 

重要参考人探偵」最終回を迎えてしまう・・・

 

ストライクゾーンが広くて、今回もご年配の女性と向かい合ってお魚を美味しいそうにお食べになる可愛いシモンくんにももう会えないのかしら・・・

 

そして、もう慶ちゃんのファンなのか、斎様のファンなのか、斎様のことを好きになりすぎて(「SPEC」の瀬文さんみたいに)、斎様ロス間違いなし!!(という人も多いと存じます・・・)

 

f:id:rlargo:20171205205304j:plain

ああ・・・最終回。切ない・・・続編お願いいたします。

 

話がそれましたが、セクゾのコラボが楽しくてお上品で素敵だったということが言いたかったです。

 

 

その3)嵐さん

 

f:id:rlargo:20171205205731j:plain

 

鳴海先生と葉山先生です。

 

葉山先生はもう少しで深山先生になります。

 

私は鳴海先生(翔君)の歌い方が好きです。

24時間テレビの「ONE LOVE」のときの、音程がぴしっと合っていて、しっかり発音されている歌い方がいいなあ・・と思いました。

 

鳴海先生の話しかけてくれるような歌声と、葉山先生のこちらもまたお話してくれるような歌声がはもる場面、その調和にとても癒されます。

 

松潤さんの「ドア」のところの振付がとっても好きで、「見どころ紹介」で何度も松潤さんの「ドア」の「美しい腕」が映っていたので、これは!と生でも期待して、テレビに入り込んでしまいそうになっていたのですが、歌が始まると、松潤さんのハンサムなお顔がアップになるばかりで、そりゃまあハンサムだからお顔のアップは当然なんでしょうが、その振付に注目って何度も紹介したんだから、その腕の使い方が映るんじゃないかと思うのが人間というもので、でもやっぱり「お顔」がアップになってそれはそれでいいんですけれど、それはもうハンサムですから・・・

 

という印象。

 

f:id:rlargo:20171205213946j:plain

手はジャケットの中ですね。

 

 

そんなわけで、楽しかった気持ちを忘れないように「ベストアーチスト」の思い出を作文しました(^^)

 

読んで下さってありがとうございました。