読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らるご☆らるげっと

NEWS(加藤シゲアキさん コヤシゲ寄り)と一緒に、楽しいこと、嬉しいこと、幸せなことを備忘録代わりに書いています。

「盲目のヨシノリ先生」

24時間テレビに貼りついております。

 

皆さんと同じように、24時間テレビの数日前からすでに寝不足です。

 

「盲目のヨシノリ先生」のドラマがお蔵入りすることなく、代役をたてて撮り直すという報道がなされた時、わたしは思いました。

 

シゲちゃんがヨシノリ先生を演じるドラマを救ってくれる代役の方、その俳優さんを私は24時間テレビが終わった後もずっと応援しなくてはならない。

その人の出るドラマや番組は全部見なくてはならない、映画に出るなら映画館に行かなくてはならない、もし歌手の方ならCDも買わなくてはならない。

 

代役が発表された時、私はスマホを握りしめて(いまだかつて、これほどネットにしがみついていた数日があろうか・・・きっと皆さんも一緒)涙していました。

 

小山さんじゃないですか。

 

代役は小山さんだったんですよ。

 

その後、RINGが更新されて、メン愛が更新されて、カウントダウンメッセージが更新されて。

手越くんの「愛してるメンバーだから加藤も小山も大丈夫」な発言も、RINGシゲちゃんの「大丈夫です」も、メン愛の小山さんの「シゲを助けるのは小山でしょう」も、とても心強かったなあ・・・私たちは心配と応援をしているだけなのに・・・と、嬉しかったです。

 

スマホを開くといちいち涙ぐむから、しかもそれが公共交通機関の中だったりするものですから、なんかもう「このひとどうしたんだろう」のレベルです。

 

「盲目のヨシノリ先生」は、「世界一受けたい授業」のご本人のヨシノリ先生がご講義なさっている時から、メモを片手にしっかりと勉強しようと思っていたドラマでした。

 

「先生というのは、生徒にとって一生先生なんだ」

 

この信念をつらぬき、教壇に戻ってきたヨシノリ先生。

 

中途失明なさった方の苦難を、知識としては知っていましたが、こうして映像で見せていただくと、どれほど大変なことか改めて認識させていただきました。

 

ご家族のご苦労と愛、教師を含めさまざまな職業でご活躍なさる視覚しょうがいを持った方たち、行政の場で奔走なさった方、リハビリを受け持った方、人は(もちろん自分を含め)たくさんの愛に囲まれて支えられて生きているのだと、実感させていただきました。

 

「希望は愛でできている」

 

この言葉を手帳と心にメモして、毎日を生きていこうと決心させていただきました。

 

そして、たった数日でこのドラマを、予定時間に間に合わせたスタッフの皆様にも感謝しています。

 

ドラマを観ている間、この人が加藤シゲアキさんであるということを忘れ、集中出来ました。

 

そして、小山さんが、リハビリの間は厳しく静かな口調で、たんたんと責務をこなしていたにもかかわらず、ヨシノリ先生が「リハビリ卒業」なさるときに、感極まって先生を抱きしめるシーン。

本当に感動しました。

 

後で見返すと、ドラマとしてはもちろんなんですが、なんだか他の感情もいろいろこみ上げてきて、こうしたメンバーに巡り合えるシゲちゃんがとっても羨ましいというか、だから私はNEWSのファンなんだろうな、とか、ちょっとおかしな文章になってぐるぐるしていますが、そういうことです。

 

24時間テレビはまだまだ夜まで続きます。

たくさんの「愛」そして「希望」を学びたいと思っています。

 

子供さんたちとの「よさこい」も楽しみ。

 

追記 そのいち

代役の方への「誓い」があるので、「イチゲンさん」も見る(いつも見ているけれど)。

 

追記 そのに

嵐にしやがれ」のシゲちゃん、「言ってません」「誰あいつ」と叫ぶシゲちゃんがとっても面白くて、可愛らしくて(笑)

 

追記 そのさん

募金行って来ました。NEWSくんのポスターも貼ってあって嬉しかったですよ♪