読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らるご☆らるげっと

NEWS(加藤シゲアキさん コヤシゲ寄り)と一緒に、楽しいこと、嬉しいこと、幸せなことを備忘録代わりに書いています。

「NEWSな2人 第6回」

「NEWSな2人 第6回 ~芸能界のステレオタイプ化反対~」

北海道では2週間ぶりの放送です。(6月20日(月)深夜)

 

今回の「ここが変だよ芸能界」に参加なさっているデモ隊の皆様。

最近、よくテレビで拝見するニュータイプの若い芸能人の方々です。

 

りゅうちぇるさん、みちょぱさん、紗蘭さん・・・

実はあまり区別がつかない皆様たちなので、この機会に、しっかり認識しなくては・・・と、予告を観た時から、思って楽しみにしておりました。

 

ニュータイプの芸能人の方たちの訴えは、「芸能界のさまざまなルール」に対する違和感に関するものでした。

 

☆りゅうちぇるさんの「ハリウッドスターじゃない!」という訴え。

たとえば、街中で取材中に、周囲で見ている一般の方たちに

「写真を撮らないでください。撮影しないでください。」

など、スタッフさんが厳しく言うので

「りゅうちぇる、生意気になった~~」

などと思われないか・・・心配しているとのこと。

 

そこで、加藤シゲアキさんのひとこと。

「誰も撮ってないのに、『撮らないでください』って(スタッフさんに)言ってもらうの恥ずかしい。(一般のひとたちが)撮ってから止めてほしい」

シゲちゃんなら、きっと皆さん大騒ぎになるでしょうに、なんだか謙虚だなあ・・・と、思いました。

 

☆次に、みちょぱさんの訴え。

「楽屋への挨拶まわり無駄」

 

別に挨拶をするのが嫌というわけではなく、先方(挨拶される側)の楽屋での自由時間を邪魔してまで、挨拶に行くのはいかがかという意味合いらしいです。

 

そこで、小山さんが、人見知りのシゲちゃんに「あなたはどう?」との質問。

 

シゲちゃんは、鈴木奈々さんの挨拶がプレッシャーらしいです。

鈴木奈々さんはとってもお元気な方ですものね。

あの大きな声で「こんにちは~~っ」と、言っているのが、彼方から近づいてくるとドキドキするんですって。

 

そこで、登場するNEWSな2人スタッフさん制作のイラストがあまりに可愛らしかったので、こそっとアップさせていただきます。

f:id:rlargo:20160627210748j:plain

鈴木奈々の楽屋挨拶の勢いが怖い!(コヤシゲの意見)

 

鈴木奈々さんの声が聞こえるようです。ふふふ。

 

その一方、小山さんもシゲちゃんも「エレベーターが閉まるまでが勝負!」と、去り際もしっかり挨拶をするというお話も聞けました。

TBSさんの挨拶が丁寧過ぎて、シゲちゃんと一緒に深々と頭を下げ続けるものだから、シゲちゃんは「俺の愛が伝わっているのか」心配だそうです。

 

ここでも登場するスタッフさん渾身のイラストが素敵なので、もう一枚、こっそりアップ。

f:id:rlargo:20160627211329j:plain

「俺の誠意見えてる!?」(加藤シゲアキの訴え)

 

☆そして、モデルの沙蘭さんの訴え

「スタイリストさんへ、子供じゃないんだから」

靴下まで履かせてくれるのは、どうにも耐えられないという意見。

 

この問題への、Dr.まあや先生(Drも敬称なのですが、呼び捨てもしづらいので「先生」付きで)のコメントがとても勉強になりました。

Dr.まあや先生はスタイリストもなさっていた経験から

「タレントさんの着ている服は借り物だから、靴下ひとつにも皺はつけられないし、

提供して下さっている服をいかに素敵に見せるかという任務もあるので、それはスタイリストの仕事の一部なのだ」

と、答えていました。

 

「NEWSな2人」は、主に爆笑しながら観ていることが多いのですが、30分の時間内に、「はっ」と考えさせられること、勉強になるこも、散りばめられています。

 

今回、ニュータイプといわれる、奇抜なヘアスタイルやメイク、ファッションのタレントさんにも「ゆとり世代をひとくくりにしないでほしい」という生真面目な一面を見ることができました。

(だいぶ、区別もつくようになりました。)

 

スタイリストさんの立場や仕事内容なども知ることが出来ました。

 

そして、最後にコヤシゲさんの解決策。

「お互いの立場があるのよね~~」

 

これは、なんの社会でも一緒ですね。

 

まあるく収まって、ほのぼのと終わった第6回でした。

 

今日は、第7回が放送になります。

リアルタイムで観たいので夜更かしです。

 

追記 BGMで流れたFrankie Goes To Hollywoodの「Relax」のタイミングが絶妙で、爆笑させていただきました。