読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らるご☆らるげっと

NEWS(加藤シゲアキさん コヤシゲ寄り)と一緒に、楽しいこと、嬉しいこと、幸せなことを備忘録代わりに書いています。

ESCORTに寄せて(DVD「NEWS LIVE TOUR 2015 WHITE」より)その2 

昨日は、メンバーソロMV&メイキングについて、

書かせていただいたのですが・・・

 

実は本編はまだ見ていなかったのです。

見る勇気が無い・・・

 

何故かというと

私は、先月の末に、地元公演で

「NEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTO」

を、観ちゃったのですよ。

そして、それで、私の「QUARTETTO LIVE」は終了。

 

「QUARTETTO」の美しく楽しい楽しい記憶が、

上書きされたくない・・・というわけで、

JE様、「QUARTETTO」のDVDは絶対に、早く発売して

下さいね♪

 

なのに、誘惑にかられて、disc1の

「ESCORT」は見てしまった・・・

だって、私、アルバム「WHITE」を初めて聴いた時

(通常版)、最後の曲「ESCORT」に一番感動して、

どのようにライブで演出されたのか観たい曲だったから。

 

会報などで、プログラムの流れは知っていたので、

小山さんの「ロメオ2015」から、オン!

 

小山さんの、話題沸騰だった伝説の「ロメオ2015」に

ついても語りたいのですが、それは小山さん担当に

おまかせするということで・・・・

 

でも、小山さんが、ジャケットをチラっとするたびに

会場に「きゃ~」というより「ひゃ~」と悲鳴が

あがっていたことだけは、書かなくてはなるまい・・・

 

そして、その小山さんが、「ふっ」と去っていく、

ドアを開閉するボーイさん。

知っているんですけれど、それがシゲちゃんだと

いうことは・・・(雑誌や会報なんかで)

 

で、そのボーイさんがすくっと背を伸ばして、

お辞儀。

 

頭上に「ESCORT」の文字。

きゃ~~~~の歓声。

ワタシ、そういう歓声も聴くのが大好き。

え?これシゲちゃんだったの?っていう驚き。

これは、プログラムありきのクラシックの演奏会では

絶対にない!!

メンバーがセトリをばらすなっていう気持ちわかります。

自分も、「QUARTETTO」札幌2日目だったから、

初日はツイッターもブログも見ないようにして、

デジタルオフ!してましたもん。

イントロを聴いて、この曲が来たのね~~~~!!

って驚き、感動したかったから。

 

本題に戻りまして・・・

 

さきほどまで、小山さんのバックで、報われない恋の

ジレンマと苦しさを笑顔無しのダンスで表現していた

ジュニアの皆さんが、今度は笑顔で、ホテルのロビーの

喧噪を生き生きと踊る。

 

スーツケースを(それも、私たちが、コロコロ運ぶ

今のスーツケースじゃなくて、レトロな革の鞄。

小道具もお洒落)運ぶシゲボーイ。

先に、意地悪な(?)同僚に、場所をとられて

やれやれという表情。

テーブルの上に、ひょいっと飛び乗る動作。

 

もう~、

膝から下が長いから様になる!!

 

シゲちゃんの踊り方は上品で素敵だと思いました。

 

失恋ショコラティエの時も、まず足に目が行った

というのも納得です。(余談)

 

大使閣下の料理人」から、このオシャレな名曲が

生まれるとは・・・・

 

カートに足を組んで腰かけて、ジュニアに運ばれて

いくシーンもお洒落だし。

紫のバラを、手だけ見える女性に渡すシーンも

お洒落だし。

 

アルバムで聴いた時も思っていたんですけれど、

香りだけドレスコード・・・が、(シャネルの)NO.5

だなんて・・・

 

映画のワンシーンみたい!

 

しかも、作詞、作曲、もご本人なんですよ。

 

最後は、「シーッ」って、白手袋で・・・

 

いやもう贅沢なひとときでした・・・

 

追記

 

シゲちゃんにバナナジュースを作ってあげたのに、

「ありがとう」を言ってもらっていない小山さんの

ために、シゲ担がお礼の気持ちを込めて

「こや褒め」をさせていただきたいと思います。

 

小山慶一郎 「ロメオ2015」

小山さんのロメオはシェイクスピアのロメオだった・・・

最後の、頭をかきむしり、嘆くシーン・・・からの、

多分、これから自害なさるロメオの、こちらを凝視する

瞳・・・いやもう・・・小山担はラストで気を失った

ことでしょう。 

ダンスシーンも、キレキレで「やっぱりジャニーズって

すごいな」とため息が出ました。

 

 

 

 

 

今日も、長文になってしまった・・・・

お付き合い下さった方、ありがとうございました。

f:id:rlargo:20160423192505j:plain