らるご☆らるげっと

NEWS(加藤シゲアキさん コヤシゲ寄り)と一緒に、楽しいこと、嬉しいこと、幸せなことを備忘録代わりに書いています。

「写真は僕らの介護士」加藤シゲアキ(BRUTUS掲載エッセイ)を読んで

私は、出張に行く時や、長時間拘束されるお仕事の時には、
必ず本を持って行きます。

たいてい電波環境の無い場所での仕事になるので、携帯電話を
使えないから、休憩時間のお供は「本」が一番いいのです。


今回は、「BRUTUS」という雑誌を持って行きました。

実は、この雑誌を購入したのは、今回がはじめてなのです。

お目当ては、加藤シゲアキさんのエッセイ。


ファンとして、彼の書く文章のものは全部持っていたい。

(少女時代から、好きな作家さんのものは、雑誌掲載時から購入し、
単行本になると改めて購入し、初稿と比べるのも楽しみという、本好きに
多いコレクター気質)


今回のエッセイは、「BRUTUS」今月号の特集「写真家 森山大道特集」に
ちなんで

森山大道氏の書いた「エッセイ」について、シゲちゃんが「エッセイ」を書いたもの。

(シゲちゃんがクラウドなどでも予告していましたね)


白状すると、私は、写真はまったくわかりません!

でも、森山大道氏は、そんな私でもみたことがあるような気がする作品が
あるのですから、そうとうその世界では有名な巨匠でいらっしゃるのでしょう。

そんな方とお仕事が出来るのですから、シゲちゃんはスゴイ!


そのエッセイ「写真は僕らの介護士」。


写真を愛する加藤シゲアキさんが、写真に対する想いの変化を綴っています。

写真を本当に趣味として凝って撮っている(悪い意味ではなく)マニアの方にも、
私たち全くの素人にも、わかりやすい文章で、しっかりと自分の想いを伝えて
くれているエッセイだと思いました。

読みながら、写真を、自分の好きな音楽のジャンルに例えてみたり・・・

また、そのまま私自身の「写真の取り方&扱い方」を思い返してみたり・・・


自分は、思い出に浸るタイプでは無いと思っていたけれど、もしかすると
天邪鬼な自分が、想いでに浸りたくないと、強がっているだけかもしれない・・・

そんなことも考えました。

どんな時もたいせつに生きていて、どんな事もたいせつに受け入れている
シゲちゃんの書く文章は、やっぱり良いなあ、たくさん考えさせてくれる
なあ・・・と思いました。


とりあえず、今度、ゆっくり休みがとれたら、箱にいれっぱなしの写真を
整理して、その時、その時の自分も愛してあげようかな・・・


と思ったのでした。