らるご☆らるげっと

NEWS(小山慶一郎さん加藤シゲアキさん)、松本潤さん、中島健人くんのファンです。備忘録代わりに・・

「祝ナラタージュ」公開。そしてメガネ男子(松本、小山、中島各氏)が素敵な件。加筆訂正あり

昨夜の深夜、CSで放送になった「ピンクとグレー」を観ていました。

 

原作の「ピンクとグレー」を愛読していた私は、昨年1月の封切り時には、映画館で映画も観ました。

 

その映画「ピンクとグレー」の監督が行定勲氏です。

明日、公開される松本潤さん主演映画「ナラタージュ」の公開に合わせてでしょうか。「ピンクとグレー」が、今月数回に渡ってCSで放送されます。

 

私も「ナラタージュ」の予習を兼ねて、行定作品の「ピンクとグレー」をもう一度見返しました。

 

「ピンクとグレー」が公開された当時、原作を先に読んでいた私は「ああ・・・なにか違う」と少し動揺して映画館をあとにしました。

 

原作を読む過程で、自分が思い、描いていた『私の思った「ピンクとグレー」』とはかなり違った・・・というショックだったようです。

 

 

昨日、映画「ピンクとグレー」を改めて観て、「あれ?この映画好きかも・・・」と思いました。

 

映像が美しく・・・

白木信吾を演じる中島裕翔くんが、

河田大貴を演じる菅田将暉くんが、

確かに「ごっち」と「りばちゃん」で、2人の出会いも、友情も、時間も、別れも・・・胸に痛みが走る映画として完成されていました。

 

 

いっぽう、(何度か呟いているように)私は「陽だまりの彼女」という映画をとてもとても好きで、何度も繰り返し繰り返し観ています。

 

その「陽だまりの彼女」のプロデューサー小川真司さんも「ピンクとグレー」に携わっていたとのこと。

 

そういえば、どちらの映画も、「音楽(歌)」が実に巧みに、場面転換・表情転換に取り入れられており、観る者が引き込まれずにはいられない効果を生み出しています。

 

例えば・・・

陽だまりの彼女」の「ビーチボーイズ」の使い方のなんと美しく切ないこと。

 

黒地に白文字で現れるビーチボーイズの『素敵じゃないか』の「歌詞」。

 

そういえば、浩介と真緒が飼っていた金魚の名前もビーチボーイズのメンバーの名前でしたね。

(私は全てを知った浩介(松本潤さん)が、いなくなった金魚について、真緒に「おまえ・・・」と語ってニヤリと笑うシーンを最高に愛しています。)

 

 

そして・・・

「ピンクとグレー」のごっち(中島裕翔くん)が歌う「ファレノプシス」。

 

ファレノプシス」の歌声にのせて、お姉さんのダンスシーンが現れ、ごっちとりばちゃんの互いに擦れ違っていくであろう心象風景が描かれ・・・

 

 

 

 

あの時、私を動揺させた映画「ピンクとグレー」なのに、その同じ映画に、昨晩は感動し、美しいと思いました。

 

ラストシーンの朝靄けぶる歩道橋の上のシーンに、都会の朝の空気の匂いを感じました。

 

この1年半に何かが変わったのでしょうか。

 

私の感じ方が変わったのか・・・

時代が変わったのか・・・

 

それとも何も変わってはいなかったのかもしれない・・・

 

でも、昨日は、確かに映画「ピンクとグレー」を素敵な映画だと思ったのです。

 

その「ピンクとグレー」「陽だまりの彼女」をてがけた行定勲監督、小川真司プロデューサーがタッグを組んだ「ナラタージュ」。

 

雑誌『キネマ旬報』で、「ナラタージュ」に寄せての松本潤くんと、行定監督の特集を読ませてただきました。

 

行定監督が、「松本潤さんには、意外に映画の代表作が少ない」と。

そして「なぜ映画をやらないの?」と聞くと、松本潤さんが

「僕は一流じゃないから、監督も呼んでくれない」と答えたというくだり・・・

 

発売中の雑誌なので、これ以上の内容を記述するのは控えさせていただきますが、とても謙虚なやりとりで、それがこの「ナラタージュ」にお二人で関わって行くきっかけになったといいいます。

 

日曜日の朝に見た「ボクらの時代」での行定監督、松本さん、野田さんのトークを観た感動もあり、ぜひ「ナラタージュ」を拝見させていただきたくなりました。

 

残念なことに仕事で「公開初日」には観に行けませんが、来週中にはきっと観させていただくことが出来るので楽しみにしています。

 

おめでとうございます。

ナラタージュ」公開。

 

そして(^^)

 

そうそう、目力を40%にしてほしい・・とリクエストを監督からいただいた松本潤さんは、「ナラタージュ」では「メガネ」をかけています。

 

 

     私は、イケメンがメガネ姿になるのを見るのを、とても好き♡

 

このところ、『メガネ的に奇跡的』な出来事が続いていると思いませんか?

 

そのいち 

ナラタージュ」で松本潤さんがメガネ男子になっている。

f:id:rlargo:20171006225306j:plain

地元の地方新聞に掲載されてる映画紹介ページより。

セピア色のメガネ男子の松本潤くん。

 

そのに

重要参考人探偵」で周防斎役をなさる小山慶一郎さん。

f:id:rlargo:20171006225454j:plain

いやもうマンガの「絵」とそっくりなんです!

マンガが原作の場合、私のこだわりとしては(誰も聞いていないというのに)、漫画の画をリスペクトして役作りをなさる俳優さんが好きなんですよ。

オリジナルな風貌でお出になられるよりも、漫画の中から抜き出てきたような俳優さんに拍手を贈りたいんです。

その点、役作りに徹底している天才!感謝!慶ちゃん!

 

ドラマが始まる前から「重要参考人探偵」の「続編シリーズ化」「映画化」を願っています。

 

そのさん

 

帰宅後、録画している「少年倶楽部」を見たところ、中島健人くんがメガネ男子になってらっしゃいました。

 

f:id:rlargo:20171006225710j:plain

可愛い。

 

 

メガネ男子コンプリート。

 

 

書き出しは真面目に始めたというのに、途中から(メガネの件で)趣味に走ってしまい申し訳ありませんでした。(でもイケメンのメガネはステキだと思いませんか?)

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

追伸 『KIICHIRO』たくさんの更新ありがとうござます。皆さん同様、私も毎日癒されております。感謝しています。ドラマ楽しみです。「NEWSな2人」も絶賛楽しんでおります。